Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大阪府の運送事業者

    2010年1月18日

     
     
     

    「傭車との付き合い方は簡単。荷物を渡すときは1000円でも多く渡す。これが出来るか出来ないか」と大阪府の運送事業者。「逆の立場で同じ荷物を運ぶ場合でも、A社経由とB社経由では運賃に開きがあることがあった。『どれだけ抜いているんだ』と憤慨したこともある」という。「だからこそ、荷物を受ける際、『この荷物は傭車で運びますので、運賃を○○円上げて下さい』と言えるかどうか。日ごろからそういう関係を築いておくことが大切」と話す。
 「そうしておけば、下請けが公取委に駆け込むこともなくなる。いきなり運賃を下げたり、日ごろから『抜くだけ抜いておけ』なんて考え方だと、いつか痛い目に遭う」指摘する。「ただ、こちらが少しでも多く…と思って渡している会社から逆に運賃を受けた際、『何でこんなに安いのか』とびっくりすることもあるが…」と笑う。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら