Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    朝日新聞社とパナソニック 低公害車の帰り便活用

    2010年4月14日

     
     
     

     朝日新聞社とパナソニックは19日から、朝刊の配送車両の帰り便を製品やサービス部品の輸送に活用する低公害車を用いた新たな取り組みを開始する。
     座間工場で印刷した新聞を静岡県内の販売店に輸送し、帰りに携帯電話を製造するパナソニックモバイルコミュニケーションズの静岡工場(静岡県掛川市)で、神奈川県と東京都の得意先向けの修理用サービス部材や修理完成品、同社事業所への宅配物を積み込むというもの。両社は1月19日から中型車1台を試験運行させていた。


     朝日新聞社は同エリアでの輸送に01年から中型CNG車を導入し、07年からはバイオディーゼル(BDF)車も使用。低公害車の帰り便をパナソニックの物流に活用することで回送距離を短縮し、輸送効率の向上と環境負荷低減の両立を目指す。
     共同輸送による効率化に加え、従来発生していた回送距離が年1万7490kmも短縮することで、CO2を年間51トン削減。また、CNG車とBDF車を活用することで、ディーゼル車と比較し同20トン削減する。これらの取り組みを合わせた削減効果は年間71トンとなる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら