Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アシックス 「つくば配送センター」が完成

    2010年8月19日

     
     
     

     アシックスの「つくば配送センター」(茨城県つくばみらい市)が完成、17日から稼働を開始した。総工費62億円を投じ、現在、複数に分散している同社グループの商品を集約、東日本の物流拠点となる。


    0819asi.jpg
     新センターは、「シューズボックス」をイメージした3階建てで、敷地面積3万3000平方m、延べ床面積3万7900平方m。
    0819asi2.jpg アシックスの製品はすべて海外生産のため、商品は海上コンテナで搬入。多いときは月間に40フィートコンテナで8ー10本が到着するという。従来型設備に比べCO2排出量を24.3%削減できる省エネ型設備を導入。
     2日に現地で開かれた記者会見で、アシックス物流の千原芳雄社長(アシックス取締役執行役員、国内営業本部長、写真)は「2年ほど前から業務の効率化を目指し、新拠点を検討してきた」と経緯を説明。「新センター稼働でユーザー(小売業)の皆さんに対するサービスレベルが間違いなく向上する。アシックスの物流が大きく変わるだろう」と述べた。
    ◎関連リンク→ 株式会社アシックス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら