Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    TCB 新型AGVを導入へ

    2010年8月30日

     
     
     

     飛島コンテナ埠頭(TCB、加藤真人社長、海部郡飛島村)は、2012年までに飛島ふ頭南側コンテナターミナルの第1バースに豊田自動織機の新型AGV(自動搬送台車)を13台導入する。
     投資額は数十億円の見込み。



     第2バースではすでに20台のAGVが稼働。合計33台に増やし、さらなる自動化と作業効率の向上を図る。
     TCBの荷主トレーラからコンテナ荷物の受け渡し時間は約12分。他港では30分かかることから、効率化による競争力を強化する。
     TCBは2004年に国から指定を受けたスーパー中枢港湾の名古屋港モデルバース。日本初のIT・自動コンテナターミナルとして、名古屋港の国際競争力強化を目指している。
新型AGVの導入は、将来の人手不足を見越した投資でもある。
    ◎関連リンク→ 飛島コンテナ埠頭株式会社(TCB)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら