Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    九州花き輸送協議会 共同輸送をスタート

    2010年9月21日

     
     
     

     九州花き輸送協議会(小山芳春会長)は三和陸運(井上秀己社長、福岡市)と契約、10月1日から花き共同輸送の試験運行をスタート、11月中旬から本格稼働させる。今後は物流コスト削減を目指しながら、参加する花き生産者を九州全域から募っていくという。


     九州花き輸送協議会は、九州で生産した花きの「全国に向けた効率的で合理的な輸送体系の構築」を目指し、花き卸売国内最大手の大田花きの子会社の九州大田花きとJAやつしろ北部花部会、JAやつしろ南部花部会、諫干ドリームファームが8月に設立した。
     九州エリアで生産された花きをハブ機能のある福岡市内のプラットフォームに集約し、トラックをチャーター。関東、中京、関西、中・四国各地域の複数の卸売市場に輸送する計画で「トラックへの積載効率を高めて物流コスト削減を図り、小規模農家や生産者が個別では難しかった運賃水準を目指す」という。
     当面、集荷業務やプラットフォームでの個数チェック、方面別仕分けなどは三和陸運が、事務局作業は九州大田花きが担当する。
     近年、輸入花きが拡大傾向にある一方、国内の切り花生産は後継者不足や相場の低迷で生産面積が減少。九州は国内有数の花き生産地だが、販売価格の低下、燃料費高騰など環境は厳しさを増している。こうした背景から、物流コスト削減に取り組む生産者や産地の賛同を得て、九州花き輸送協議会が発足した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら