Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    中古パレットでコスト削減提案 ケー・エス・パレット

    2010年10月25日

     
     
     

     木製パレットの製造や販売を手掛けるケー・エス・パレット(下向謙次社長、大阪府八尾市)の下向謙太郎専務は「パレットには規格が定められているが、規格はあってないようなもの」と指摘する。


    1013-5.jpg
     パレットの価格は材積で計算しており、荷物に耐えられる限界の薄さにすることで、品質を落とさずに良い製品を提供して、コスト削減を提案。同専務は「材料の仕入れ値はどの会社も同じ。自社で持っているパレットや材料に合わせていただくことでコスト削減になる」と強調する。
     同社は、パレットの回収率が悪いことに気付き、ワンウェー用の中古パレットの販売に注力。輸入商品を運んできて処理に困っているパレットを買い取り、修理して販売することで安価で提供する。「回収率が非常に悪いと顧客から聞いていたので中古品を安く売ることを考えた。HPを見て安さを分かっていただければ」。
     1枚の価格を確認してくる顧客や、サイズにこだわらない顧客のニーズに対応するために、不揃いパレットを1枚から販売するなど、用途に応じて探してくれる。新しいパレットを製造して販売する方が利益はあると話すが、「これからは中古パレットにも力を入れて、お客様のニーズを把握しながらコストを抑えられる提案をしていく。パレットの処分やコストを削減したいお客様は連絡をしていただきたい」。
     問い合わせは、電話072(949)5697番。
    ◎関連リンク→ 株式会社ケー・エス・パレット

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら