Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    横浜低温流通 5営業所で同時にグリーン経営取得

    2011年3月16日

     
     
     

     食品物流事業を展開する横浜低温流通(伊澤進社長)はこのほど、本社営業所など5営業所でグリーン経営認証を取得した。すでにGマーク(安全性優良事業所)を取得している事業所もあり、全営業所の環境・安全におけるダブル認証取得へ弾みがついた。メーカー共同配送や外食産業への食材供給事業などを柱に、さらなる事業展開に力を入れる。
     今回、グリーン経営認証を取得したのは本社営業所(神奈川県)、川口営業所(埼玉県)、沼津営業所(静岡県)、千葉営業所(千葉県)、柏営業所(同)。うち3つの営業所では既にGマークを取得している。営業所の開設から3年間はGマークが取得できないため、時間の経過を待っている状態だが、まもなくダブル取得を達成すると見られる。


    0310-1.jpg
     2004年から実運送を開始した同社では、現在は100台を超える車両を保有。最初に導入した車両は環境にやさしいハイブリッドトラックだった。その後に導入した車両も、すべて自動車排ガス規制をクリアした低公害車両だ。
     本社に運行本部を設置し、徹底したドライバーの管理、教育体制を構築している。インターネットデジタコを全車両に搭載して、燃費を管理。急加速や急発進もすべて記録し、そのデータを基にエコドライブ教育を行っている。
     こうした基本的なインフラを整備しながら、柱となるメーカー共配と食材供給事業をさらに発展させていく。特に外食産業への食材供給事業には「まだまだ開拓の余地がある」としている。これまでにハムメーカーの物流などを受託して成功してきたが、一つの成功によって同業他社の荷主企業にも広がりを見せている。
    ◎関連リンク→ 横浜低温流通株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら