Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トランコム 荷主の悩み解決へ、事業間連携を強化

    2011年7月4日

     
     
     

     トランコムは6月17日、株主総会と事業計画説明会を開き、10期連続の増配などを発表。


     今年度事業計画で、清水正久社長は「ワンストップ3PL」を基本方針に据え、顧客のすべての要請に応えていく方針を打ち出した。
     主力の物流情報サービス、ロジスティクスマネジメント事業に加え、ITシステムなどのグループ関連企業各社のオールトランコムで荷主のあらゆる問題を解決していく。
     これまで各事業の強みを伸ばしてきたが、今後は事業間の連携を強化し、ソリューション対応力を高める。物流情報サービス事業は、7月に岐阜県大垣市と愛媛県松山市に拠点を開設し、東北から九州までの拠点で、アジャスターと呼ばれるマッチング担当者を全国で300人配置。配車件数は、年間76万件にのぼるという。
     また、今後の海外展開について清水社長は「日本から中国、インドまでの国際一貫物流を目指している」と説明した。
    ◎関連リンク→ トランコム株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら