Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    佐川急便 熱中症予防にドライバーが「声がけ」

    2011年8月22日

     
     
     

     佐川急便は7月29日、「熱中症予防声かけプロジェクト」に賛同し、セールスドライバーによる声かけ活動を行うと発表した。
     通販事業者と協働で声かけを実施。第1弾は、8月1日からキューサイ(藤野孝社長、福岡市中央区)の協力で開始した。キューサイは荷物にプロジェクト専用ステッカーを貼り付けて送付。佐川急便のドライバーは、ステッカー付きの荷物を配達する際、荷受人に「熱中症に気をつけてください」などの声をかける。


    0816-3.jpg
     同プロジェクトは、日本環境コンソーシアム(井手迫義和代表理事、東京都港区)が運営。環境省や民間企業が連携して熱中症予防を呼びかけるもの。
    ◎関連リンク→佐川急便株式会社
    ◎関連リンク→熱中症予防声かけプロジェクト

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら