Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    近ト協 適正運賃求め1500人規模のデモ行進へ

    2011年9月30日

     
     
     

     近畿トラック協会は10月1日、事業者を中心に約1500人を集めて大阪市内をデモ行進する。長期間、高止まりしている燃料価格と、好転の兆しが見られない運賃水準にトラック事業者は疲弊し切っているとの判断がある。


     事務局によると、大阪市中央区の「マイドームおおさか」に2府4県から事業者、労働組合、政治家など約1000ー1500人が集結。大阪城公園までの1.5kmをデモ行進する予定。
     今回の動きに火が着いたのは大阪から。会員から「燃料サーチャージは個々が荷主に請求するものだが、やり易い環境づくりのための行動を協会で実行して欲しい」といった要望が上がっていた。大ト協幹部がこれに呼応し、9月初めから本格的な調整に入ったという。
     開催が正式に提案されたのは、9日の近ト協幹部の会合でのこと。大阪からの提案に他府県の幹部らは賛同したという。大ト協幹部は、「大阪からは少なくとも400ー500人集まる。事業者がみな、自分の問題としてデモを捉えていると思う」と話している。
     デモ活動で記憶に新しいのは、08年8月の全国行動だ。各都道府県の中心市街地などを事業者らがデモ行進し、当時、史上最高値を更新し続けていた燃料価格を収入に転嫁する「燃料サーチャージ」実現が主要テーマだった。
     今回は、史上最高値の燃料価格というわけではない。また、大震災の発生により、行動を控えるべきといった「空気」が社会を覆ってもいる。しかし、「沈んでゆく経済の最初のクッション役」(事業者)を演じているというトラック事業者の主観的意識は強い。過当競争が法的に改められるべきとの願望もある。
     近畿圏内のある事業者は、「デモ行動に関して是非の議論は当然あるだろうが、ダメといったところで代案がない。各県でも動きを広げるべきだ」と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら