Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    「借金なければ事業やめたい」整備会社に経営権譲るケースも

    2011年10月7日

     
     
     

     荷動きの落ち込み、下落する運賃、燃料高と厳しい経営環境に置かれている運送事業者は少なくない中、燃料代や修理代の支払いに苦慮するところもあるようだ。関西の運送会社によると、最近、知人の会社が修理代を滞納し続け、売掛金が膨れ上がったことから、整備業者に経営権を握られてしまったという。
     ずさんな経理管理の付けが回ってきた格好だ。運送会社は、「(業界は)ペイできる環境になく、借金がなかったらやめたいと考えているところは少なくない」と、厳しい経営環境を訴える。
     4t、10t車を中心に20台の車両を保有していた運送会社。長距離を中心に事業展開していたが、車検費用や3か月点検の費用の支払いを数回に分けて支払っていたものの、ここ数年は滞納し続け、滞納額は600万ー700万円に上っていた。


     従業員の給料も、今年に入って2回に分けて支払っていたくらいに経営状態は悪化。支払いのめどが立たない中で7月、整備業者が運送会社社長に対し、「(社長の席を)どいてくれないか?」と多額の債権を盾に経営権を要求。首の回らなくなっていた社長は席を譲らざるを得ず、実質的に雇われ社長になってしまった。
     整備業者の指示で、社長の給料は50万円から25万円にダウン。採算の合わない仕事から撤退し、減車して車両を売却。従業員の給料も減額し、大胆なリストラを断行した。
     同社は、数年前から燃料価格高騰や得意先からの運賃引き下げの要請で、徐々に事業不振に陥っていた。燃料代は多少遅れても払い続けていたが、修理代が滞納し、長年取引していたメーカー系ディーラーに取引を断られ、次に中堅規模の整備業者にも断られ、最終的に家族経営をする小規模の整備業者にたどり着いたという。
     知人の運送会社は、「関東からの帰り荷が十分に確保できない状況で、3月から売り上げが前年比で3割ダウンしていた。4t車は車検費用で30万円、10t車で40万円程度かかり、3か月点検も1回につき2万円弱と、経営に重くのしかかっていたようだ。現金を持って来ないと整備しないという業者もあり、代金滞納は少なくない。高利でお金を融通してもらうなど、今回の事業者に近い形のところを3、4社知っている」と指摘。
     大阪府の運送会社は、「今、採算の合う仕事はなく、日々の支払いで嫌気をさしているところは多い。大半の事業者が、借金がなかったら事業をやめたいと思っているのでは」とも話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら