Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    機器に頼り油断生じる 構内事故・商品事故減らず

    2011年10月24日

     
     
     

     重大事故につながることからも運送事業者は事故防止に真剣に取り組んでいる。このため交通事故は減少しても、意外に減らないのが構内事故や商品事故。ある物流会社の担当者は「積み下ろし先の門扉にぶつけるなどの事故が発生した原因を探ると、バックモニターなどの機器に頼りきってしまっていることに原因があるようだ」と指摘する。


     取引先で建物にトラックをぶつけるなどの事故は、著しく信頼を損失する。そうした事故は、バックモニターなどの機器に頼りきってしまい、トラックを降りて確認するなどの作業を怠ってしまうことにも要因があるという。
     この物流会社では、次のような事例があった。構内に入ってきたトラックがバックをしようとしたところ、後ろでフォークリフトが動いていた。荷物が載ったパレットを積んでフォークリフトが動きだしたことをバックモニターで確認したドライバーは「フォークリフトがいなくなった」と勘違いしてトラックをバックさせてしまったという。
     ところが、バックモニターに写らない角度に来た時にパレットから荷物が崩れてしまい、フォークマンはフォークリフトを止めてしまたのだ。それに気がつかないドライバーは、そのまトラックをバックさせてしまいフォークリフトを損傷させた。幸いにもフォークマンは怪我をしなかったが、トラックとフォークリフトの間に挟まれるなどしたら重大事故にもなりかねない危険な状況だった。
     この物流会社では「バックモニターは便利だが、死角があることも知っておかないと思わぬ事故につながる。見えない場合には降りて目視で確認することが大事だ」としている。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら