Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本貨物急送 東北エリア全車両に「エコドラナビ」導入

    2011年12月20日

     
     
     

     SBSグループの日本貨物急送(服部秀美社長、東京都江東区)は、東北エリアの全車両にエコドライブナビゲーションシステムを導入、来年1月からの本格運用に向けて試用を開始した。


     導入車両は、長距離輸送が多い東北エリアの5事業所(青森、八戸、盛岡、宮古、仙台)に所属する全65台。10月末に取り付けを完了し、本格運用に向けて配送ルートや所要時間の見直しなどのデータ収集とドライバーへの操作研修に取り組んでいる。
     導入したエコナビはデジタコ機能を標準装備し、走行データやルートの記録に加え、走行中にリアルタイムで道路の勾配、路面状況、エンジン出力、積載重量などを検知して、ドライバーに最適なエコドライブ運転を支援する。同社では、「さらなる低燃費と安全運転の推進を図っていく」としている。
    ◎関連リンク→ 日本貨物急送株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら