Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    通信料からも分かる、減っていく売上

    2012年2月1日

     
     
     

     車両10台を保有する関西のある運送会社は、取扱事業にも力を入れているが、売り上げは近年、減少傾向にある。それを如実に表しているのが通信料だ。社長によると、リーマン・ショック前は月15万円程度の通信料であったのが、リーマン・ショック後は10万円に落ち込み、東日本大震災後には5万円と、リーマン・ショック前の3分の1にまで減っているという。


     社長は「配車担当者が一人減ったが、業務にまったく支障はない。とにかく電話が鳴らず閑古鳥の状態が続いている。よその事業者も減車して現状に合う車の台数しか持ってないが、自社便で間に合っており、傭車を必要としない」と荷動きの低迷を嘆いている。
     リーマン・ショック前は自社3割、取扱7割の比率だったのが、今は自社6割、取扱4割と比率が逆転してしまった。昔は12回線あった電話回線も、8回線になっている。
     社長は「各社とも配車スタッフを減らしているのでは。また、配車の即戦力が欲しいのも確か。配車スタッフについている客は少なくなく、小さいところは配車スタッフの信用でやっているところ多い」と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら