Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    札幌駅前通り 貨物の駐禁規制を緩和

    2012年3月29日

     
     
     

     札幌駅前通りの「札幌駅前─北大通り」間の道路で1月24日から、駐車禁止規制の緩和が認められ、集配中の貨物自動車(最大積載量5t未満)に限り、終日20分以内なら駐車禁止の取り締まりの対象外となった。


    032601.jpg
     同区間の道路整備が行われていたことに伴い、北ト協が北海道警察本部、札幌方面中央警察署、札幌市に対して要請を行ってきた結果、実現にいたったもの。北ト協では「運転者などに規制緩和を周知していただくとともに、運用に当たっては、交通法令の順守とマナー向上について指導をお願いしたい」と呼びかけている。
     同市では平成18年6月の改正道交法施行による民間駐車監視員制度の導入に伴い、駅前地区、大通地区、すすきの地区の15区間・34か所で、集配作業中の普通貨物車両の駐車禁止規制を既に緩和していたが、緩和区間は主に大通り公園から南側に設定されていた。
     今回緩和されたのは、札幌駅から大通り公園の北側までのメーンストリートで、タクシー乗り場を除く9か所。この地域は札幌市の中心オフィス街にあたり、企業、金融機関、店舗などが多く立ち並んでおり、貨物の集配が頻繁に行われている。
     今回の措置は、この地域で業務を行う運送事業者とドライバーにとって、利便性が高まり、安心して業務を行うことができる環境整備につながった。同市の都市部での円滑な物流体制の構築にもつながる。
     札ト協の本間修専務は「大通り公園から北側のオフィス街でも、駐禁規制を緩和してもらうよう北ト協を通じて要請してきたが、ちょうどいいタイミングで道路整備が行われた。緩和区域の拡大は非常に有り難いこと」と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら