Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連総会 「物流基礎研修」創設へ

    2012年5月17日

     
     
     

     物流連は4月20日、第21回総会を開催。記者会見で伊藤直彦会長は、同1日付で一般社団法人に移行したことについて「これまでも公益性の高い事業を行ってきたが、公益目的事業比率が50%以上という基準値に届かなかったため、一般社団法人にした。移行はあくまで形の上。設立当初の趣旨にのっとり、物流業界全体の認知を広めていきたい」と説明した。


    051504.jpg
     事業計画は物流環境対策委員会関係で、「グリーン物流パートナーシップ」の大臣表彰と物流連による「物流環境大賞」の趣旨が似通っていることから、両者をリンクさせ、「物流環境大賞」受賞者の推薦も視野に入れ、関係先に働きかける。人材育成・広報委員会関係では、ギャラリー「目で見る物流事業(仮称)」を5月末をめどにHP上で公開予定。会員企業の活躍を具体的な写真を用いてわかりやすく解説する。
     経営効率化委員会関係では、少子高齢化と中型免許制度による労働力不足問題について、研究・調査の最終とりまとめを行う。「新型インフルエンザ対策」「東日本大震災からの復興支援」ではBCPのマニュアル作成などを引き続き行う。
     業務改善委員会は「国際業務委員会」に改組。海外進出を図る物流事業者の事業環境改善のため、官民連携の橋渡しを行う。広報等の活動では、大学寄附講座の開講を4校に増加。そのほか、災害時の緊急支援物資の取り扱い等に関する知識習得を目的とした「物流基礎研修(仮称)」の創設、6月をめどに社団史の編集、情報交換の場としての「物流連懇談会」(仮称)の開設などに取り組む。
     役員人事では、1日付で伊藤会長、川合正矩副会長、大庭靖雄理事長の3人が代表理事に選任された。平成22年以降、欠員だった空運部門の副会長には、3月28日付で伊藤信一郎氏(理事、全日本空輸社長)が就任。なお、4月20日の臨時総会で、傍島正法氏(西濃運輸取締役)と小林和男氏(中越運送社長)が理事に選任された。
    ◎関連リンク→ 社団法人日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら