Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    3PL管理士講座 第2期が開講

    2012年6月15日

     
     
     

     日本3PL協会(大須賀正孝会長、東京都千代田区)は5月21日、「日本3PL管理士講座」の開講式を行った。
     一昨年に第1期を開講した後、より実践的な内容にするため約1年をかけて内容を補足修正。今年5月から11月までの約半年間で第2期の開講となった。


     同講座研修委員会の副委員長を務める相井克己副会長は「今の3PLに必要なことは全体最適の設計、コンピューターのサポートによるシステムの導入、これらを支えて実現化する現場力の3つ。これらをいかにバランス良く絡めるかで素晴らしい物流が可能になる」とあいさつ。
     また、16人の講師陣を代表し、エイチ・アイ・プランニング代表の岩﨑仁志氏は「成功例だけでなく、失敗例から、どこに落とし穴があるのか、ポイントを押さえた提案の仕方を学んでいただく。提案を実現する現場を作るためのマネジメントやコーチングの講座も入れた。色々と質問をしていただきたい」と述べた。
     受講生28人の自己紹介に引き続き、初講座として国交省総合政策局の波々伯部(ほほかべ)信彦課長補佐が「3PLと行政」をテーマに特別講義を行った。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本3PL協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら