Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大塚倉庫 サンヨー食品と四国地区で共同物流

    2012年7月2日

     
     
     

     大塚製薬グループの大塚倉庫(大阪市港区)は今月から、即席麺業界大手のサンヨー食品(東京都港区)と、四国地区で共同物流を開始する。異なる業界での共同物流は両業界で初の試み。両社の製品特性を活かし配送車両の効率化を図ることで、輸送コストの軽減やCO2削減を図るのが狙い。


     大塚倉庫では、大塚製薬とサンヨー食品両社の物流特性を調査。夏が繁忙期で「ポカリスエット」など重量のある商品を取り扱う大塚製薬と、冬が繁忙期で「サッポロ一番」など軽量な即席麺が主力のサンヨー食品の物流を組み合わせることで、季節によって生じる物量の変動リスクを補完し、配送車両を有効活用できると判断した。
     大塚倉庫では、「配送先となる卸や小売店などの重複率も高いことから、両社にとって高いシナジー効果を生む最適な組み合わせ」としている。
    ◎関連リンク→ 大塚倉庫株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら