Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    NUCTに労働者守るサバイバルタワーが完成

    2012年9月5日

     
     
     

     名古屋ユナイテッドコンテナターミナル(NUCT)が弥富市の鍋田コンテナターミナル内に建設していた避難塔、サバイバルタワーが8月20日に完成。同日、検査が終了し、供用を開始した。災害対策の一環としてのインフラ活用で、地震、津波の災害から労働者を守る体制が整った。


    083003.jpg
     サバイバルタワーは、1階梁天端までが地上10m、屋根梁天端までが13mで、200人の収容が可能。海抜9mの敷地でもあり、大津波にも対応できる。飲料や防災グッズの格納庫、トイレなども設置した。
     昨年3月の東日本大震災時に、ドライバーに避難を呼びかけたが、車両に乗ったままのドライバーが多かった。混雑時は車での避難は不可能であることから、独自で避難塔の建設を進めていた。
     完成を契機に、ドライバーへの避難経路を具体的に示すとともに、スピーカーの配置も工夫。ターミナル内のアナウンスも明確化させ、愛ト協海上コンテナ部会を通じドライバー一人ひとりにも避難経路を徹底していく。早急に避難訓練も実施し、防災対策を万全にしていく計画。
    ◎関連リンク→ 名古屋ユナイテッドコンテナターミナル株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら