Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ボックスチャーター 新資材「Fitガード」

    2012年10月15日

     
     
     

     ボックスチャーター(黒田敏夫社長、東京都港区)は9月11日、「JITBOXチャーター便・3Qオプションサービス」の新しい資材として「Fitガード」の提供を開始した。


    093024.jpg
     同社は、企業の部品調達や商品流通でのロールボックスパレット(RBP)を活用した輸送サービス「JITBOXチャーター便」を、全国の大手運送会社とのフランチャイズシステムで提供している。
     新開発の「Fitガード」は「より複雑な形状の製品輸送」を行うため、高度な成形機能と緩衝機能を持つ「魔法のふろしき(FLIX)」と呼ばれる再利用可能な梱包資材を使用。重さは約5kgで、掃除機を利用すれば15秒ほどで空気を抜くことができる。
     従来、木枠梱包が必要だった入金機、プリント機、医療機器など「誰でも、簡単に梱包、かつ安全に輸送できる」という。木枠製作費や開梱後の廃材処理コストを含め、「梱包関連コストは約7割削減できる」としている。
     サイズは縦100cm×横300cm。オプション料金は4000円(税別)。
    ◎関連リンク→ ボックスチャーター株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら