Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    中京陸運 グループ合同ドラコン開催

    2012年12月6日

     
     
     

     中京陸運(鷹見正彦社長、名古屋市熱田区)は10月6日、グループ合同安全運転競技大会を開催。32人が出場した。
     開会式で土田友男常務は、「ドライバーの技術と知識の向上、事務職のレベルアップを目的に、今回で20周年を迎えた。選手は現場で評価されてきた各営業所を代表する選手。さらにレベルアップを図ってほしい」とあいさつした。


    120108.jpg
     富山営業所の林保守選手が選手宣誓し、競技を開始。走行競技では、省エネ走行を組み合わせ、一本化して実施。研修は、車両の構造や各種機器の仕組みなど、正しい使用方法の徹底を狙いに実施。距離目測、重量当てや、DPD講習、KYTビデオ、ドラレコ講習が行われた。
     鷹見社長は「基礎を見直し、忘れてしまった知識や基本動作を思い出してもらいたい。全員が良い成績を目指し、事故防止を徹底してほしい」と結んだ。
     営業所部門では名港西営業所、個人では内藤和成選手(港営業所)が優勝。各部門の入賞者もそれぞれ表彰された。
    ◎関連リンク→ 中京陸運株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら