Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    全ト協、JAFなど 簡素化・負担減 要望活動で訴え

    2012年11月13日

     
     
     

     全ト協など21団体で構成する自動車税制改革フォーラムは10月29日、日本自動車連盟(JAF)、全日本自動車産業労働組合総連合会とともに「自動車関係諸税の簡素化・負担軽減活動」に関する共同記者会見を開催。各団体の代表者は「過重な負担となっている自動車取得税・自動車重量税の確実な廃止、燃料税の抜本的な見直し」を求め、会見終了後、各団体代表者は関係省庁・政党を訪問し、要望活動を行った。


    110801.jpg
     要望書は、自動車ユーザーに課せられている9種類8兆円もの税負担や車は贅沢品ではなく必需品であること、取得税と重量税は一般財源化され課税根拠を失っていることなど6項目の理由を挙げている。また、ガソリン税・軽油引取税に上乗せされた「当分の関税率」(旧暫定税率)の廃止と、ガソリン税に消費税が課せられる不条理な仕組みの改善を訴えた。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら