Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東京ロジファクトリー 異業種交流会を定期開催

    2012年11月20日

     
     
     

     東京ロジファクトリー(井上操社長、東京都東大和市)は7月から異業種交流会を定期開催している。物流企業が主催する異業種交流会は珍しく、様々なビジネスパーソンが参加している。
     同社が主催する「ジョグライン異業種交流会」は7月の第1回以降、月2回のペースで東京・新宿や国分寺市で開催している。起業やビジネスチャンスを探す人々の出会いとヒューマンネットワーク作りのために応援するという意味を、名称に込めている。


    111211.jpg
     この取り組みを始めたのが同社営業部の天川義之部長だ。これまでも同社の新規開拓の業務に携わってきた同氏は、営業部の知り合いなどで異業種交流会を開催していたという。
     昨年11月に同社は営業力強化のため、国分寺市に専用のオフィスを置いた。そこで天川部長はじめ営業部が、新たな取り組みとして異業種交流会を立ちあげた。物流業者の主催する異業種交流会は珍しく、士業やコンサルタント、出版関係など様々な業種が参加している。すでにリピーターもおり、今後の広がりを楽しみにしており、時には物流の引き合いもある。開催によって情報交換によるマーケティングの意味合いもあり、同社営業部も多種多様な業界の人々との出会いで、情報に敏感になったという。
     こうした取り組みの一方で、倉庫業を主とする同社が推進しているのが「神奈川集中戦略」だ。国道16号沿線に事業所・物流センターを多く持つ同社。東京都の多摩地域に物流拠点が集中しており、拠点同士が近いため、物流の波動に合わせて倉庫の人員を柔軟に移動し、効率的なセンター運営ができるのが特色であり強みだ。多摩地域で構築してきた経験を神奈川県でも生かしたいことから、神奈川集中戦略が進められている。現在は横浜町田物流センターや厚木物流センターなどがあるが、この他にも拠点を加えることで、拠点間の人員の共有による物流波動への対応を進めていくという。
    ◎関連リンク→ 東京ロジファクトリー株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら