Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本3PL管理士講座 第2期27人修了

    2012年12月20日

     
     
     

     日本3PL協会(東京都千代田区)は11月21日、日本3PL管理士講座第2期修了証書と資格認定書授与式を行った。
     一昨年に第1期生を輩出した後、現場見学などを採り入れた内容に改良。今年の第2期生は27人が講座を修了し、資格を認定された。大須賀正孝会長は「3PLは奥が深く、基本は常に現場にある。第1期生も含め、現場に出て情報交換をしていくうちに、本物の3PL管理士になっていく」とあいさつした。
     研修委員を務める相井克己副会長は「講座の修了は管理士としての始まりでもある。荷主の言うことだけをやっていては社会的地位も上がらない。正しい戦略をたて、同業他社に勝つ仕組みを作ってほしい」と祝辞を述べた。


    121518.jpg
     講師代表としてHIプランニングの岩﨑仁志代表が「講義の休憩時間になると、多くの受講生が携帯電話を片手に忙しく連絡をとっていた。後半の実践コースでは同期生の間で既に仕事のやりとりをしている姿も見られ、これが本当の3PL管理士の講座だと感じた」と語った。受講生は「知識としても良い経験になったが、同期の仲間を得たことが一番大きい」と語った。
     第2期OB会の初代会長に選ばれた福井貨物自動車の藤尾秀樹氏は「仲間の現場見学会をし、意見を出し合ってお互いを高め合っていきたい」と話した。
    ◎関連リンク→ 一般社団法人日本3PL協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら