Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東ト協 違法ドラッグの代引宅配、自粛へ周知徹底

    2013年1月17日

     
     
     

     東ト協は12月11日、東京都福祉保健局から「違法(脱法)ドラッグの宅配代金引換サービス業務に関する自粛」の協力要請を受け、同日付で傘下各支部と全国物流ネットワーク協会(瀬戸薫会長)に対し、協力と要請内容の周知徹底を求める文書を送付した。


     若年層を中心に違法(脱法)ドラッグの乱用が社会問題化する中、店頭販売だけでなく、「代金引き換えを利用した通販」でも多く行われていることから、東京都保健局は流通段階での対策を重視。「違法(脱法)ドラッグ販売業者であることが強く疑われる事業者に対しては、代金引換サービス業務契約を自粛してほしい」と川澄俊文局長名で、11、12年度に「薬事法指定薬物を含有する製品を販売した事業者」(11月15日現在)8者のリストも加え、東ト協に協力を要請。
     同保健局では「違法(脱法)ドラッグ販売が疑われる事業者は契約内容やホームページで確認を」と呼び掛けている。
    ◎関連リンク→ 社団法人東京都トラック協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら