Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    トナミHD 中国現地法人が業務開始、免許取得第1号に

    2013年2月5日

     
     
     

     トナミホールディングス(綿貫勝介社長、富山県高岡市)は1月5日、中国現地法人が中国当局から陸運事業免許を取得し、今月から業務を開始したと発表した。
     同社グループでは、平成23年1月に中国の「大連市保税区」に100%出資子会社を設立。中国東北地区の日系企業向けを中心に、海上・航空フォワーディング業務を主力とする日中間の一貫輸送サービスを手掛けてきた。


     このほど、現地法人が中国当局から陸運事業免許を取得。実運送に着手することとなり、それに伴い業務範囲の拡大・商号変更・増資等の変更手続を完了した。社名は托納物流有限公司(岡崎美男社長、大連市)で資本金は1億4000万円。中国における外資系企業の単独出資による「陸上貨物運輸業務」の認可事例が少ない中、同社グループの総合力が評価され東北三省(遼寧省を含む)での取得第1号の事例となった。
    ◎関連リンク→ トナミホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら