Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JATA 燃費改善状況など解説

    2013年3月13日

     
     
     

     日本自動車輸送技術協会(萩尾計二会長)は2月8日、都内で「トラック・バスの新技術セミナー」を開催。南戸義博副会長は「トラック・バスを取り巻く環境は大きく変化してきている。東日本大震災からエネルギー問題などの見直しが迫られ、関越道の大型バス事故から新たな安全対策も求められている」と述べた。


    0228-18.jpg
     発表者は4社で、三菱ふそうトラック・バスの矢島祐二氏、UDトラックスの伊勢谷英樹氏、いすゞ自動車の高田英嗣氏、日野自動車の桑山正彦氏。矢島氏はハイブリッド車の新技術として小型商用車エコハイブリッド車の新技術や、開発中の大型スーパーグレートハイブリッド車の適用範囲の考え方と燃費改善状況を説明。
     伊勢谷氏はボルボグループの紹介と輸送効率の向上、安全性確保、環境配慮の切り口からトラックの将来性と安全技術を含め、自社技術を中心に海外動向を解説。トラックの電動化技術についても欧州の開発状況を紹介した。
     高田氏は事故実態の認識から安全性、環境対応に適した技術の方向性を述べ、桑山氏は大型観光バスについて説明した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら