Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    北海道運輸局 物流集積拠点をリストアップ

    2013年4月4日

     
     
     

     北海道運輸局は3月12日、「北海道における民間の施設・ノウハウを活用した災害に強い物流システムの構築(とりまとめ)」を公表。昨年10月に協議会を設置し、道内で大規模災害が発生した場合を想定して、3回にわたる検討を行ってきた。物流業界からは、業界団体(北海道倉庫協会、同ト協、同旅客船協会、同港運協会、同内航海運組合)や大手物流事業者(JR貨物、北海道トラックターミナル、日本通運、ヤマト運輸、佐川急便、札幌通運)が委員に選出された。


    032908.jpg
     報告書の中では、災害時の支援物資物流で官民が連携・協力して対応する体制を構築することの重要性を強調。物流事業者の道内88か所の倉庫、トラックターミナルを災害時に利用可能な民間物資集積拠点としてリストアップした。
     来年度以降も検討を継続し、報告書に盛り込んだ取り組みを具体化していきたいとしている。25年度は「支援物資物流における基本的な考え方の道内市町村への周知」「民間物資集積拠点リストの更新」「発注様式の標準化」「災害時の緊急連絡網の作成」「保管物資管理や円滑な支援物資物流に係る関係者間での情報共有のあり方」などに取り組む。
    ◎関連リンク→ 北海道運輸局

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら