Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    シズナイロゴス職員セミナー 来年度は「真剣勝負」

    2013年4月5日

     
     
     

     シズナイロゴス(伊藤昭人社長、札幌市白石区)は3月17日、職員セミナーを開催。来期事業の方針発表や社員による取り組みの報告・表彰などを行った。来年度は「真剣勝負」「ネットワークとエリア戦略」をキーワードに据えた。創立60周年を終えたことから「第2の創業期元年」と位置付け、ホールディング化と事業エリアの拡大を進める。


    032910.jpg
     伊藤社長は「今年度は増収増益を達成する見込みだが、これからは『真剣勝負』となる。競争の激化が進む中、この気持ちがなければ乗り越えられない。車両、センターの時間・面積当たりの稼働状況や収支、適正な人員の配置などデータを元に各自が意識して業務にあたってもらいたい」と訴えた。また、部門ごとに8人のMVPを選出し、表彰すると報告。
     伊藤功一郎専務は「常に新しいことにチャレンジする風土を社内に作り上げたい。ホールディング化と関東以北への進出を進める」と指針を発表。営業方針に「食品3PL事業を拡大し、冷蔵・チルドなど3温度帯に進出」「ホームセンター事業の拡大」「通販企業の調達物流」「ネットワーク強化のため協力会社会の設立」などを掲げ、「来期は売上高31億円、経常利益9500万円を目指す」とした。
     社内表彰では、5Sが優れた拠点として物流センター石狩、菊水、千歳の3拠点、燃費改善優秀ドライバーとして7人が受賞。また、事故防止や5S向上の取り組みの発表が行われたほか、4月に入社予定の5人の高卒者があいさつと決意表明を述べた。
    ◎関連リンク→ 株式会社シズナイロゴス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら