Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    燃料高騰の対処策 荷主の工場近くに営業所を開設

    2013年4月17日

     
     
     

     燃料価格の高騰が経営を圧迫する現状で、事業者の経費削減への取り組みは、あの手この手に及んでいる。
     「燃料高騰で利益はすべて食いつぶされている」と嘆く千葉県の事業者。運賃の転嫁が思うようにできない中、同社は高速道路使用を抑えるという経費削減策を打ち出した。
     「下道を走れるところは下道を走る。これを徹底することで、多少なりとも経費は抑えられる」と同社長は指摘するが、労働時間との兼ね合いも出てくる。長時間労働を高速使用で抑えているという側面もあるからだ。「まずは、労働時間に関係ないところからスタートさせる」というものの、「追い込まれれば背に腹は代えられない」と、決死の覚悟で臨む構えだ。


     一方、埼玉県の事業者は新しく営業所を構えるという。一見コスト増に感じるが、荷物の積み地でもある荷主の工場近くに営業所を開設することで、走行距離を減らすのが狙いなのだという。
     ただ、営業所を開設する費用も掛かるだけに、燃料高騰分を吸収するだけの効果はない。しかし、「荷主の近くにいるということで緊急の対応も可能になり、サービスの拡充が図れるというメリットも大きい」と話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら