Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    カリツー・フォーク運転競技大会 個人優勝は塩沢氏

    2013年5月9日

     
     
     

     カリツー(田上順三社長、愛知県安城市)は4月6日、中部トラック総合研修センターでフォークリフト運転競技大会を開催。全営業所と協力会から165人、団体戦は35チームが出場した。田上社長は「日常の業務を通じて培った技術を発揮して、安全意識をさらに高めてもらいたい」とあいさつ。
     悪天候で交通機関が乱れることが予想され、九州、関東方面からの参加者の競技を繰り上げて実施。コースはトラックの荷台から製品を抜き出し、指定されたスパン投入後、別製品を再度荷台へ投入。狭いエリアでの正確な動きが求められた。


    418-8.jpg
     また、トヨタL&F中部フリート営業部安全講習課の水谷富士夫マネジャーを講師に迎え、安全講習が行われた。
     優勝=塩沢純氏(東刈谷営業所)▽2位=河合繁徳氏(同)▽3位=都築隆弘氏(ワールド運輸)
     団体優勝=東刈谷混載エース軍団▽2位=岡崎Bチーム▽3位=安城南Aチーム
    ■岡崎通運 のぼり旗で選手応援「一操入魂」
    「目指せ優勝、一操入魂」と染め抜かれたのぼり旗を持ち込み、一丸となって選手に声援を送っていたのは、岡崎通運(前山敏昭社長、愛知県岡崎市)の応援団。カリツー主催のフォークリフト大会に2チーム8人を送り込んだ。
     一操の「操」は、フォークリフトの操作から一文字とったという。
    418-9.jpg
    ◎関連リンク→ カリツー株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら