Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    サンワNETS 自給率向上の成果発表

    2013年7月5日

     
     
     

     サンワNETS(水谷欣志社長、静岡県袋井市)は6月1日、自給率向上活動発表大会(第38回SQC発表大会)を開き、社員250人が参加した。
     今回の大会テーマは「全員参加で自給率向上活動を推進しよう!!」。売り上げをコストで除した数値を同社独自に「自給率」と見立て、31事業所が2012年10月から3月までの半年間および上半期を含めた通年の売り上げアップやコスト削減など、自給率向上に向けた取り組みとその成果を発表した。


    0610-3.jpg
     山崎久隆会長はあいさつで「再来年の4月に節目の45周年が迎えられるようQC活動の原点を見つめ直し、一人ひとりがもう一段高い目標を持って取り組んでほしい」と呼び掛けた。水谷社長は「変動に柔軟に対応することが大切。そのためには事業所間での横展開も必要となる。今日の発表内容でも役に立つことを各事業所が一つでも持ち帰ってほしい」と述べた。
     発表では、稲沢営業所が特車やスポット便、混載、付帯作業などオールマイティに運行をこなすことで車両の稼働率を向上。自給率を前年同期比120%、通期123.2%に引き上げたことを明らかにした。また、浜松FF・掛川CAMの発表では、両事業所とも顧客の繁閑期により売り上げの波動が大きいという共通の悩みがある中で、大手メーカーからの受注獲得を機に合併を決断。システムの簡素化による多能工化や効率的な運用システムを確立し、結果的に荷主からの信頼を獲得できたと発表した。
     審査の結果、優秀賞には吉田物流センター、最優秀賞には浜松FF・掛川CAM営業所が選ばれ水谷社長から表彰状が贈られた。
    ◎関連リンク→ 株式会社サンワNETS

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら