Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    三井倉庫 アジアの物流拠点拡大

    2013年8月14日

     
     
     

     三井倉庫は7月18日、3か年中期経営計画「MOVE2013」の内容について、藤岡圭社長が説明した。
     4月からスタートした同計画は、2016年3月期までに売上高1800億円、営業利益110億円達成を目標に掲げている。
     藤岡社長は「現在はまだ、国内を中核とする状態だが、今後はアジア発着を中心とした輸送体制を築き、企業基盤を強化しM&Aも進めていく」と方針を述べ、①アジアパシフィックにおける成長領域への集中投資②プラットフォーム型サービスの開発と展開③資産ポートフォリオの最適化、を施策として発表した。
    具体的には、経済成長を見込むタイ、インドネシア、中国、韓国に80億円を投資し物流拠点を拡大。国内では成長領域への集中投資として、ヘルスケアに60億円を投入し営業利益3億円を目指す。


    mitui.jpg 
     また、専用施設として神戸流通センター内に延べ床面積4000坪程度の増設を想定し、第2拠点の建設用地を取得。事業体制も組織改編し、事業遂行体制を強化。複数事業部門をまたがるサービス体制の強化を図っている。
    ◎関連リンク→ 三井倉庫株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら