Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本陸送協会 初の内部調査 労働時間極めて長く

    2013年8月12日

     
     
     

     日本陸送協会(佐々木良一会長)は会員を対象に初めて実施した「陸送事業実態調査」の結果をまとめ、7月末、全国9支部に配布した。「価格競争による値下げ」の横行や、全産業と比べ、「労働時間が極めて長い一方、給与・賞与が少ない」など多くの問題点が浮き彫りになった。運送業界で同一業種の団体による、こうした内部調査は極めて異例。陸送協会では今後、厳しい業界の状況をデータに基づき「関係団体や荷主」に訴え、陸送業者だけでは改善できない課題の解決を目指すという。
     調査によると、トラック全体のドライバーの平均年齢が45.7歳であるのに対し、陸送協会平均は47.9歳、「自走」は51.1歳。「50歳以上」で見るとトラック全体の35%に対し、「自走」は55%を占めるほど高齢化が進む。「積載」は「50歳以上」が19%、「60歳以上」はゼロ(統計上の数値)と、高齢者就労が難しい状況だ。


     年間稼働日数も、全産業の228.4日に比べ、陸送は268.9日と大幅に長く、トラック全体の265.6日よりも3.3日長い。年収は、全産業541万1000円、トラック全体439万1000円に対し、陸送は401万2000円、「自走」は353万8000円。
     ドライバーの勤続年数別退職者は、退職者全体の60%以上が「入社5年未満」と定着率の低さも分かった。ドライバーが採用できない理由の第一が「給与・賞与が少ない」(23.5%)で、次いで「労働時間が長い」(14.1%)、「休日が少ない・不確定」(13.4%)、「仕事内容が難しい」(12.8%)と続く。
     輸送料金が適正でない理由は「価格競争による値下げ」(24.2%)が最多。次いで「荷主からの料金低減要求」(14.8%)。直近5年間の輸送料金は、07年を100とした場合、11年の料金指数は92.3(自走90.5、積載94.2)など大きく低下。料金収入は、繁忙月(2、3月頃)は閑散月(7、8月頃)の約2倍となり、余剰人員によるコスト増の問題も浮上。
     一方、陸送事業の「経営上の課題」では「事故・労災防止」を最重視(19.5%)しており、次いで「仕事量の確保」(12.2%)、「コンプライアンス対応」(10.0%)の順で、事故防止を重視する経営姿勢もうかがえた。
     実態調査は昨年9月、全会員529社を対象に実施。分析結果を「陸送事業概況調査(概要版)」として支部に配布したもので、これに先立ち、佐々木会長はじめ正副会長らは7月17日に日本自動車工業会、18日には日本自動車販売協会連合会を訪問。概要版を手渡し業界の窮状を説明した。自工会流通輸送部会の木内哲也部会長(日産自動車)は「継続的な話し合いの場を設けていく」ことで合意。自販連には、路上積み下ろし問題などの改善に向け「ワーキンググループの設置」を要望した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら