Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    赤帽首都圏・本木理事長「1人2〜3台持つ気概を」

    2013年10月2日

     
     
     

     全国1万3000人の組合員を抱える軽自動車運送の赤帽。その軸とも言える「赤帽首都圏軽自動車運送協同組合」(本木英朗理事長、東京都台東区)では、約4000人が登録。赤帽としてサービス開始した翌年に同組合を設立し、37年目を迎える。現在、神奈川県、埼玉県、千葉県の全域でサービスを展開している。
     赤帽では顧客の利便性を高めるため、GPS機能付き携帯電話の付帯を拡大しており、首都圏では約1600台が『GPS配車システム』を導入している。本木理事長は「稼働している組合員の位置情報が随時、的確に把握できるので、本部が受注した情報を無駄なくスピーディーに該当する車両に連絡できる。お客様にも到着時間を即答できる」と説明。さらに、「埼玉県から北海道へ輸送した組合員には、帰りに青森発〜東京着の依頼をタイミング良く振ることが出来た」という。


    090504.jpg
     一方、「組合員の仕事に対する意識が変わってきたのを実感する」とも言う。「目標を高く持ち、がむしゃらに頑張るという姿を見掛けなくなった」。近年は『人』の管理を煩わしく思い、目標を持たず『何となく仕事があればいい』と言う組合員も少なくないと語る。
     「歩合制の時代は、やればやるだけ収入は増やせた。個人事業主には就業時間の縛りはないので、今でも幾らでも働ける。しかし近時は、給料制に慣れているせいか余計な仕事をしなくなっている」という。「車両主が車を降りる時、1台だけでやっていると、その顧客を引き継ぐ人が居なくなってしまう。ぜひ1人2〜3台は持つ気概がほしい」と話す。
     組合では地区長研修会を年2回開くほか、組織力と加入者増のパワーアップを目的に「増員強化対策委員会」を設置し、加入者説明会も毎月開催している。
    ◎関連リンク→ 赤帽首都圏軽自動車運送協同組合

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら