Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    双日ロジスティクス インドネシアに物流会社

    2013年9月18日

     
     
     

     双日ロジスティクス(長坂九万太社長、東京都千代田区)は、インドネシアの工業団地「グリーンランド・インターナショナル・インダストリアルセンター(GIIC)」内に伊勢湾海運および現地パートナーと協力し、総合物流サービスの合弁会社「アイ・エス・ジャヤ・ロジスティクス(ISJL)」を設立。7月から営業を開始した。
     ASEAN各国の拠点を通じ、日系企業の海外進出をサポートする同社は、90年代から海外に工業団地を開発。ベトナム・ホーチミン市内から30~42km地帯に二つの工業団地開発を手掛けている。「母体である双日のバックヤードとして、輸出入の書類や手続きなどで物流を支えてきた。アセットを持つパートナーと組み、物流をコーディネートしているので、特化する物流技術やネットワークを持つ物流企業も求めている」と話すのは営業本部国際事業部の粕井哲治部長。「メーカーにとって工場の海外進出は必須だが、現地に詳しいパートナーがいないと海外での成功は厳しい。当社では原材料の調達から製品の物流3PLだけでなく、滞在者へ親身で事細かなサポートを提供している」。


    091319.jpg
     「GIIC」は、インドネシアの華僑財閥・シナルマスグループと共同で開発。規模は約1300ヘクタール。粕井部長は「インドネシアの開発も進んでおり、余った土地は少なくなってきている。海外進出を考えている企業は早めに相談を」と呼び掛けている。
    ◎関連リンク→ 双日ロジスティクス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら