Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コーヒー代に年間100万円 心づけを配る荷主

    2013年11月26日

     
     
     

     「ウチの取引先は、コーヒー代だけで年間100万円を使う」。近畿地方の運送事業者は、荷主の社長自らが自社センターに商品を引き取りに来るドライバーに対して心づけを配っていると話す。
     「コーヒーでも飲んで」。常にセンターに詰めているわけではない荷主社長に代わって、センター運営を任される担当者がドライバーに渡すのは1000円。コーヒー代でも昼食代にでも、もちろん使い道はドライバーの自由。


     運送事業者は、「荷主社長は『そのコーヒー代が、2倍にも3倍にもなって返ってくる。おかげでウチの業績も好調なんだ』と常に話している」。雪道や天候が悪い時などの運行にはコーヒー代が3倍程度入れられていることもあるという。  

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら