Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コンテナ搬出入予約プレ実験 利用で待ち時間短縮

    2013年12月5日

     
     
     

     国交省港湾局は11月5日、横浜港で行った「コンテナ搬出入予約制」のプレ実証実験の結果を発表した。ITを活用した効率的な国際海上コンテナ搬出入の実現を目指し、横浜港で同予約制導入に向けた実証実験を7月4~31日に実施したもので、予約を入れた車両の数は実験の経過とともに増加。最終的には203社・1万210台(1日平均928台)となった。
     予約別枠の予約件数は「朝一番目の予約枠(午前8時半~同10時半)と午後一番目(午後1時〜同3時)が多く、予約入力のタイミングは朝一番目の予約枠では「前日まで」が7割強、その他の予約枠では「直前~6時間前まで」が最多となった。予約通りに到着した車両の割合は69%。予約枠前後30分以内のずれで到着した車両は8%。待機車両の台数は「ゲートオープン直後」と「昼休み明け」が多く、内訳は予約車が30%、非予約車が70%。現状把握調査時に平均36分だった待ち時間は、暫定システムを利用した予約制実施時の予約車の場合、平均25分に短縮したという。


     事業者へのアンケートでは、システムの操作が「簡単と感じた」が70%、問い合わせすることなく「予約画面またはマニュアルを見て予約できた」が86%だった。
     港湾局港湾経済課では、今回のプレ実証実験から得られたデータを基に、陸運事業者、海貨事業者、ターミナル事業者など関係者と調整しながら「予約制の制度設計」を検討。今年度末をメドに本格的な実証実験の実施を計画している。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら