Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    住友商事 物流不動産事業に進出

    2014年3月12日

     
     
     

     住友商事は3月10日、公共建物および両社のグループ会社と物流不動産開発事業に関する基本合意書を締結し、物流不動産事業に進出すると発表。最新鋭の大型物流施設を建設するために、大阪市西淀川区に物流不動産向けの土地を他社と共同で取得・開発するなど、今後、年間200億円程度の物流不動産開発を進める。
     また、同物流不動産事業と並行してグループ会社である住商リアルティ・マネジメントは、公共建物グループ会社である公共投資顧問と共同して、国内機関投資家などから匿名組合出資を募り、国内の物流施設に投資を行う大型物流ファンドを組成する。


     同ファンドには、住友商事が開発した住商グローバル・ロジスティクスの茜浜物流センターや、公共シィー・アール・イーが開発したロジスクエア草加、ロジスクエア八潮など大型物流施設を組み入れていく計画で、「投資予定額は500億円となるが、新たなファンドを組成し物流不動産資産総額1000億円まで積み増す」としている。
    ◎関連リンク→ 住友商事株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら