Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 経営効率化委員会「外国人の活用検討を」

    2014年3月23日

     
     
     

     物流連の経営効率化委員会(岡田晃委員長)は3月11日、会合を開催。
     オブザーバーとして参加した国交省物流政策課の金井昭彦課長が「物流政策アドバイザリー会議」の設置に関して説明を行った。委員会では、センコーの福田泰久社長が「これからの労働力不足への対応」と題し、ドライバー不足への対応の一つとして外国人労働者の活用について問題提起した。


     また、震災復興需要やオリンピック招致に伴う工事量の増加から、一層の労働力不足を懸念し、検討する機関として「労働力問題小委員会」の立ち上げを決定した。
     続いて、会員を対象に実施した「BCP策定状況アンケート」の結果も報告。45社の回答中策定済みが20社、策定中は17社で既に動いている企業は8割強という結果になった。
     このほか、山間過疎地の輸送維持・確保の問題や、日本の物流システムの普及を図る調査についてのヒアリング概要なども報告し、新年度も引き続き取り組んでいく方針を確認した。
    ◎関連リンク→ 日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら