Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運送社長の給料 いま・昔

    2014年6月27日

     
     
     

     以前に比べてドライバーの賃金が大幅に減ったといわれるが、それも一面で納得できる。彼らの雇い主である中小の運送社長の報酬も、いまでは耳を疑うようなレベルまで落ち込んでいるようだ。
     10年ほど前まで毎月の役員報酬250万円を取っていた広島県の社長。「倍以上になった燃料を筆頭に経費が跳ね上がっているにもかかわらず、運賃は横ばい、もしくはマイナス。本当に儲からないようになった」。現在の報酬月額は70万円に減った。


     同社長の報酬は、それでもマシなほう。話を聞いた経営者(すべて保有トラック100台未満)の大半は30万円から50万円の範囲に収まる状態。「ドライバーのほうが高給取り」というケースも散見される。
     古希を過ぎた岡山県の社長によれば「給料はゼロ。すべての支払いをすれば、自分の取り分なんか出てこない。なんとか税金も分割で納めており、女房と2人の生活は年金で賄っている」という。信じられない話だが、似通った状況に身を置く社長は数例あった。
     起業して約10年になるという兵庫県の社長は「1年のうちの3分の1は無給の状態」と明かす。ただ、帳簿上は毎月50万円の役員報酬を受け取っている格好になっているらしく、「無駄な税金を払う形になるが、ないものはないから仕方ない」。ゴルフや飲み会など、取引先との付き合いに出掛ける際は「会社名義のカードを使っている」という。
     一方、会社から報酬とは違った形で現金を得ている社長も少なくない。「毎月の報酬は20万円。あとは会社への貸し付けを返済してもらうようなスタイルで、なんとかやり繰りしている。これしか取れないのか…と情けなくなるが、いまの状況ではどうしようもないのが現実」(同じく兵庫県の社長)と話している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら