Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    コープネット事業連合 統廃合やLED化でCO2を5.5%削減

    2014年7月25日

     
     
     

     関東信越の6生協で構成するコープネット事業連合(赤松光理事長、さいたま市南区)は3月末、日本生協連及び全国の生協・事業連合とともに、「CO2排出量を2020年度に、05年度比15%削減」する計画を策定したが、このほど13年度の結果を公表した。
     計画の初年度にあたる13年度は、店舗、関連施設の統廃合や照明のLED化、電力消費量の多い夏や冬の節電、カーボン・オフセットによる店舗・施設づくりによって、CO2排出量は12万6269トンと、05年度比5.5%削減した。


     また、同事業連合では再生可能エネルギーの活用も重要視しており、物流施設などでの太陽光発電パネルの設置やバイオディーゼル燃料を使用した発電など、多角的な電力創出を検討。20年度までに10年度の使用電力(7万2725kw)の20%相当の再生可能エネルギーの創出を目標として取り組んでいる。同事業連合では、「今後も、温暖化防止自主行動計画を達成するための取り組みを積極的に推進していく」としている。
    ◎関連リンク→ コープネット事業連合

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら