Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ドライバーのイメージと実情

    2014年9月18日

     
     
     

     「最近の若いヤツはクルマを運転しなくなった」と話すのは、愛知県弥富市の運送事業者。「ドライバーは本当に大変な仕事だから、クルマが好きじゃないと勤まらない。クルマが好きなら続くが、そうでなければ3日も持たないね」と話す。
     「免許証は持っているが、クルマは持っていない。それじゃあ、すぐに辞めたくなる。クルマが好きで好きで仕方がないというヤツが昔は多かった気がする」という同事業者。「ある意味、職人仕事のような職業」とも話す。


     しかし、「トラックドライバーも会社員。職人ではない」という意見も。「テレビで事故を起こした際、ドライバーをトラック運転者とテロップを流し、会社員とは呼ばないのは失礼」というのは、同大府市内の運送事業者。「トラックドライバーもれっきとした会社員。こういった小さな積み重ねがイメージを悪くすることにつながっている」と指摘。
     「セールスドライバーという呼称や佐川男子という言葉も少しずつイメージを良くする方向にあるが、それでもまだまだイメージは悪い。これだけ社会的に貢献している職業にもかかわらずだ」とも話す。
     「給料を多くすれば、ある程度は人が集まるだろう。しかし、それとイメージアップとは少しずれている」というのは、名古屋市内の運送事業者。「給料が安くても尊敬される職業もあれば、給料が高くてもバカにされる職業もある。トラックドライバーは以前は後者で、いまは『給料が安く、かつバカにされる』という職業になってしまった」と話す。
     「雲助と呼ばれていた時代の名残かもしれない」という同事業者。「理由なき差別感を変えていくのは、本当に大変なこと。劇的に変わることはないだろう」とも話す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら