Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運送業界の未来は 品質に見合った運賃適正収受を

    2014年9月1日

     
     
     

     「運送事業に明るい未来を見いだせない」と話すのは、中部地方の運送事業者。異業種から運送事業に参入してきたのが40年ほど前で、「そのころの運送業界には活気があった」という。
     「バブルの頃、あるセミナーに参加した。そのコンサルタントは『銀行からカネを借りて、どんどん事業を拡大させていくべき』という。質疑応答で『堅実に仕事をするべきではないか』と聞くと、『あなたの会社の従業員はかわいそう』と言われた」という。


     「バブルが崩壊し、しばらくして同じコンサルタントのセミナーに出席することがあった。そのコンサルタントは『堅実な経営こそ第一』といって、キャッシュフローがどうのこうのと言っていた」と振り返り、「デタラメばかりだ」と質疑応答で指摘したという。
     また、「軽油価格も問題だが、一番の問題はドライバー不足」とも指摘。「ほとんどの運送会社でドライバーの高齢化が進んでいる。10年後、20年後を見据えた政策をとらないと、運送業界は本当に終わってしまう」と警鐘を鳴らす。
     「安い運賃でも高い品質のサービスを提供している日本の物流業はすごいとは思う。でも、高い品質のサービスには高い運賃をもらうのが当然」とし、「最低限それができなければ、運送業界で働こうなんて誰も思わない」と、運送業界の未来を危惧している。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら