Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    全ト協 第19回全国事業者大会開催

    2014年10月10日

     
     
     

     全ト協(星野良三会長)は10月9日、福岡市のヒルトン福岡シーホークで、第19回全国トラック運送事業者大会を開催。全国各地から1500人を超えるトラック運送事業者が集まり、国交省の田端浩自動車局長や福岡県の小川洋知事ら多くの来賓も出席した。同大会は、交通事故防止や人材不足など諸課題の解決に向けて打開策を探る場として位置付けられており、分科会や全体会議では業界の交通安全対策や人材確保、育成について事例発表や活発な意見交換が行われた。
     星野会長はあいさつで、燃料価格が高止まりを続ける中で全国的な署名活動を展開したことについて触れ、「当初の目標の2倍にあたる200万人の署名を集めることができた」とし、会員事業者に感謝の意を述べるとともに、「政府、自民党に強く訴えていく」と今後の取り組みについて述べた。また、事業者大会が燃料価格の高騰や高速料金、労働力不足などの諸課題に結束する絶好の機会とし、「明るい未来を自らの手で切り開くため、総力を結集し、がんばっていきましょう」と呼びかけた。


    101608.jpg
     続いて分科会が行われ、「トラック業界の交通安全対策の推進について」をテーマに行った第1分科会では、プロデキューブの高柳勝二社長がコーディネーターを務め、丸山運送(宮城県)の丹野秀行管理室長、ロジックスライン(千葉県)の沢田秀明社長、久保運送(広島県)の久保満社長の3人をパネリストに、また、「トラック業界の人材確保及び育成について」をテーマに行った第2分科会では、日本PMIコンサルティング主席コンサルタントの小坂真弘氏がコーディネーターを務め、鳴海急送(愛知県)の酒井誠社長、ケイシン(大阪府)の丸山英之社長、希望が丘高等学校自動車科自動車専攻科(福岡県)の安部幹也科長、国交省自動車局貨物課の神澤直子専門官の4人をパネリストに、それぞれ事例発表やパネルディスカッションが行われた。
     記念講演会では、九州旅客鉄道相談役の石原進氏が、「鉄道の再生〜JR九州の経営を通して〜」と題して講演を行った。
     引き続いて全体会議が行われ、福岡県トラック青年協議会の富田剛生代表幹事が、「軽油引取税の旧暫定税率の撤廃」「参入基準の厳格化等規制緩和見直しの促進」「適正化事業の推進による法令順守の徹底」など8項目からなる決議文を読み上げ、全会一致で承認されるとともに、参加者全員でガンバローコールを唱え、幕を閉じた。
     懇親会の準備の合間には、福岡県の精華女子高等学校生徒によるマーチングバンドの演奏が行われたほか、大会後に行われた懇親会では博多民謡や奄美の島唄、琉球舞踊など地元ならではのアトラクションに、会場は大いに盛り上がった。
    101610.jpg
    ◎関連リンク→ 公益社団法人全日本トラック協会

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •