Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国分 板橋総合センター開設、大型三温度帯汎用施設

    2015年3月27日

     
     
     

     国分(國分勘兵衛社長、東京都中央区)は、同社で最大級の大型三温度帯汎用センターとなる板橋総合センターを開設し、2月4日から稼働を開始した。同社がこれまで行ってきた菓子・酒類・加工品などの常温商品の一括保管に、チルド、冷凍、フレッシュをプラスし、フルラインでの対応が可能であるほか、首都高速5号の高島平出入口、中台出入口から近距離に位置し、東京23区内への配送のほか、埼玉、千葉、神奈川、茨城の1都4県の配送にも強みを持つ。
     板橋総合センターは、敷地面積5201坪、延べ床面積1万213坪の4階建てで、各階に中2階を持つ7層構造。1~2階は常温・冷凍・冷蔵庫で、3~4階は常温庫となっており、加工食品から酒類、冷凍食品、日配品、デリカ、アイスクリーム、生鮮品など多岐に渡って対応できる。


    022011.jpg
     1階の入出荷スペースは3方向に面し、センター全体では71バースを確保。常温では1万5000アイテム、冷凍7800アイテムを取り扱う。また、常温は20万ケース、冷凍10万ケースの保管能力を有する。
     空間を最大限に利用するため、中2階にスペース・コンベア搬送を設置した。また、スムーズな入荷作業のため「タッチパネル式画面入荷受け付けシステム」を採用。ドライバーの携帯電話番号を入力すると、何番のドックに接車すればよいかすぐに分かり、ドライバーの負担軽減につながるうえ、これらのデータをもとに入荷時間の調整にも活用されるという。さらに、倉庫床面に防塵剤を使用し、高耐久性を実現したほか、チルド庫にドラフト二重天井方式を採用し、作業員に直接冷気が当たらないよう配慮している。
     同4日に行われた開所式で國分社長は「これまで流通全体の最適化、トータルでの流通コストの削減に取り組んできたが、この先も変わらず3温度帯の物流倉庫が求められる。皆さまのご要望に沿えるよう、これからもまい進していく」と述べた。
    ◎関連リンク→ 国分株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら