Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    通販の宅配トラブル減少へ 国民生活センターが全ト協へ要望

    2015年5月21日

     
     
     

     国民生活センターは3月26日、通信販売における宅配便トラブルを減らすために、相談事例やトラブルメール箱へ寄せられた情報を基に、運送事業・通販事業の両事業者団体へ のヒアリングをふまえ、消費者へのアドバイスと、事業者団体への要望を公表した。
     通信販売が関わる宅配サービスでの相談件数は2014年度が260件(2月20日現在)で、前年同期比で33件増加している。
     同センターでは、運送に関わる問題点として「不適切な荷扱いに関するものが目立つ」「配達日時に関する消費者のシビアな期待」を挙げ、消費者には「運送方法ごとの特徴や条件をふまえて検討した上で、確実な受け取り方法が選択できる通販事業者の利用を考えよう」「荷物の受け取り時、その場でまず外装などの確認を行い、外箱の破損などが見られた場合、運送事業者に運送状況について確認をしておく」などとアドバイス。


     また、配達時のトラブルを防ぐため、全ト協に対して「荷物の破損や遅延・不着などについて、さらに低減するよう取り組みを求める」「配達日時が指定された運送について、消費者の期待にさらに応えられるよう求める」と要望した。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら