Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JILS 物流改善事例大会、改善活動30事例を発表

    2015年6月10日

     
     
     

     日本ロジスティクスシステム協会(JILS、西田厚聰会長)は日本ロジスティクス研究会と共催で「全日本物流改善事例大会2015」を開催した。大会実行委員長は渡邉一衛氏(元成蹊大学理工学部教授)。
     物流現場と管理部門の改善活動の優秀な事例を発表する場で、昨年は14社15事例を1日開催で実施したが、今年は応募数の増加と優秀な事例も多く集まったため2日間で開催する。25社30事例が選ばれ、それぞれ発表した。
     1日目となった4月21日、物流管理部門4社(味の素、カスミ、住化ロジスティクス、リコーロジスティクス)、物流業務部門3グループに分かれ、11社(SBSロジコム、日本ロジテム、ロジワン、オカムラ物流、スバルロジスティクス、リコーロジスティクス、ロジパルエクスプレス、あんしん、日本アクセス、バンダイロジパル、ヒガシトゥエンティワン)が発表。


    052509.jpg
     2日目は5月19日に同会場で15社が発表。選ばれた30事例のグループには発表終了時にクリスタルトロフィーを贈呈。さらに発表の中から、各部門で最も優秀な改善事例を決定する。表彰式は6月22日。
    ◎関連リンク→ 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら