Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 ユニットロード検討小委員会を開催

    2015年10月12日

     
     
     

     物流連は10月5日、第2回ユニットロードシステム検討小委員会(増井忠幸座長、東京都市大学名誉教授)を開催。
     手荷役実態に関し、ユニットロード化によって実現される具体的な効果として、長時間労働の抑制や肉体労働の最小化、モーダルシフトへの対応、女性・高齢者活用への対応が確認された。また、調査対象としてトラック輸送等幹線輸送を中心とし、パレットサイズを基本に必要に応じてロールボックス、6輪台車、ドーリー台車等を加えることとした。
     さらに、実施予定のアンケート調査素案が示された。当初、今月中にも会員企業を対象として実施するとしていたが、調査対象の拡大を含め、再度関係者間の調整を行うこととなった。


    101618.jpg
     次回は、12月の開催を予定。
    ◎関連リンク→ 日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •