Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JR貨物 秋冬繁忙期に臨時列車508本を追加

    2015年10月20日

     
     
     

     JR貨物は10月15日、平成27年度の秋冬繁忙期における臨時列車の運転について発表した。延べ508本の貨物列車の追加運転を行い、12フィートコンテナに換算して4万3635個の輸送力を増強する。
     今秋冬期は、北海道の農産品が順調に成育しており、季節物資輸 送の需要も高まっている。また、年末にかけてはトラックドライバー不足の深刻化などにより、今期も輸送需要が大きなものとなることを想定している。
     なお、平成27年度のコンテナ輸送については、7月以降の台風接近、大雨による輸送障害が生じたものの、上半期合計で対前年を上回る101.5%と堅調に推移している。


    ◎関連リンク→ 日本貨物鉄道株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら